2012リーグ戦にむけて

 

いつもバーバリアンを応援していただき誠にありがとうございます。監督の田村です。縁あってチーム創設の年に入部し、早いもので今年で22年目のシーズンを迎えることができました。

 

大々的なスポンサーを持たない脆弱な組織でありながらも、これまで滞ることなく運営できているのは、純粋にフットボールを愛して止まないOBの面々が築いた「型にはまらない自由なDNA」と、その選手たちを毎週快く送り出し支えてくれたご家族のサポート、そして何よりも低迷期から我々を温かく応援してくださっている皆様のご声援の賜物だと思っております。この場をお借りしてあらためて深く御礼申し上げます。

 

そんな皆様のご声援に応えるべく、今季は春から選手たちの意識改革をテーマにしながらチームの強化を図って参りました。そのテーマとは「愛するチームから愛されるチームに」というものです。バーバリアンは前述の通り独立したクラブチームとして運営しており、選手一人一人がオーナー的な立場な分だけ各々がチームに深い愛着を持っています。

 

しかしながら、時にそれは悪い意味での自己責任というカタチで諦めにつながり、心の弱さを露呈してしまうことがあります。本当に辛いとき、諦めかけたときに力になるのは応援してくださる方々の声援であったり、愛される立場としての責任感ではないかと私は考えます。自ら愛することの自己満足から脱却し、周囲から愛されることの責任感や達成感を知る人間になることで、選手一人一人が真に強くなれるのではないかと思い、皆からアイディアを募りながらできることから始めました。

 

その取り組みの一つがこのホームページの改訂であり、チアダンスチーム「バービーズ」の創設でもあります。特にチアダンスチームに於いては既存のチームを招聘した訳ではなく、たとえフットボールのチアの経験がなくとも、我々の活動の趣旨に賛同して一緒に戦いたい、ファンの方達と一緒に応援したいという強い希望を持ったメンバーを募りゼロから立ち上げるという、既存概念に囚われないバーバリアンらしい道を選びました。

 

最初から他のチームと同等のパフォーマンスという訳にはいかないかもしれませんが、彼女達のフィールドに立つことへの想いはどのチームよりも熱く尊いものだと思います。どうかバーバリアン同様、バービーズにも温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。

 

もちろんそれ以前に、バーバリアンは最高のスタッフ達によって支えられています。永きに渡りチームのコンディションを見てくださっているトレーナーの方々をはじめ、選手とともに汗を流しながらチームを導くコーチ陣、いつも献身的にサポートをしてくれるマネージャー、そして遠くからでも試合に駆けつけて様々な協力をしてくれるOBの面々。

 

挙げればきりがないこうしたサポートに選手達がいかに全力で応えられるか、それは彼らがフットボールプレイヤーとしてだけでなく一人の人間として成長して行く過程を見届けることにもなります。私はそこにこそ社会人スポーツの真意があるものと信じて、微力ながらチームを率いて参りました。どうか少しでも多くの方にバーバリアンに興味を持っていただき、我々のチャレンジにご共感願えますよう心よりお願い申し上げます。

 

選手は全力プレーをお約束します。実際にフィールドに足を運んでいただければ必ず何かを感じていただけると確信しています。チーム関係者一同、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。これからもバーバリアンをよろしくお願い申し上げます。

 

バーバリアン監督 田村啓宇

Copyright(c) 2016 BARBARIAN OFFICIAL WEBSITE All Rights Reserved.