vs Bluethunders (X2順位決定戦)

2012年12月9日(日)X2 順位決定戦7位8位決定戦

バーバリアン VS ブルーサンダース

会場:川崎球場 試合開始時刻:16:30試合終了時刻:18:30 天候:晴れ(気温低し)

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
バーバリアン 7 0 6 7 20
ブルーサンダース 0 9 0 0 0
 

 得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
バーバリアン 10:29 RUSH #37小嶋 2 KICK #3箱﨑

G

ブルーサンダース 2 1:01 RUSH #32渡辺 9 KICK #23北島

NG

ブルーサンダース 9:44 FG #23渡辺 19

バーバリアン 3 8:00 PASS #3大島→#89入江 11 KICK #3箱﨑

NG

バーバリアン 4 10:09 RUSU #10河村 1 KICK #3箱﨑

G

内   容 バーバリアン ブルーサンダース
1.ファーストダウン(回数) 12 11
2.(パス) 試投-成功-インターセプト-獲得ヤード 8-2-1-30yd 21-10-123yd
3.(ラン) 回数-獲得ヤード 46-208yd 21-138yd
4.(攻撃) 回数-獲得ヤード 54-238yd 42-261yd
5.(反則) 回数-獲得ヤード 3-20yd 4-22yd
6.(ファンブル) 回数-喪失 2-2 2-2
7.(フィールドゴール) 回数-成功 0-0 1-1

 

ゲームレポート

ブロック4位同士

ブルーサンダースとのInter-conference GAME (順位決定戦)

寒風吹く川崎球場。最初から照明の灯るGAME。

更にBarbarian23名        Bluethundres 41名

Barbarianは主力メンバー(今までスターティングを務めた選手)8名が業務等で参加できず。

3重苦のこの試合、勝って明るい年末を迎えらるか。  運命の試合開始。

 

【1Q】

 

BluethundersのKickoffで試合開始、いきなりのオンサイドキック。Barbarianもあわてずに対処して、敵陣44ydから攻撃開始。攻撃のスターティングメンバーを見ると『いつもの見慣れたメンバーじゃない。』

今日はQBが2人とも業務都合で欠席なのです。

代わりを務めるのは#34大島。大島の代わりにRBの位置には#10河村。さてどんなオフェンスを見せてくれるのか?いきなり大島がキープランで1stダウンを更新。その後は河村・大島で敵陣21ydまで進めるも4thダウンギャンブルを失敗して攻撃交代。

おまたせディフェンスの登場です。『あれ?なんか違う。』いつもとちょっと違います。DBの#7吉田がいません。代わりに本来WRの#19笹山が入っています。本来のDBが今日は2人しかいないので急遽登場です。#37の小嶋は両面で登場。40歳がんばります。Bluethundersの最初の攻撃シリーズ自陣24ydから。反則もあり3&OUTで終了。

自陣28ydから2回目の攻撃。大島・小嶋・河村で着実に進めて行きます。自陣48ydで2ndダウン3yd。34パス

ここで年に1回の大スペシャル!大島がパスを投げた!

#3箱﨑への19yd成功!敵陣33ydまでボールを進める。ここからまた確実にランで進めます。ゴール前4ydまで進めて、何とまたもや大島がパスを投げる、それもTDパス!『失敗か』、と思ったらディフェンスにエンドゾーン内でのインターフェアーがあり、ゴール前2ydから1stダウンを得ます。次のプレーで小嶋がエンドゾーンに駆け込み先制TD! PATのキッカーは、何と#3箱﨑が出てきてキックを決める。このシリーズ5分26秒かけて先制点をとりました。

BA 7-0 BL

Barbarianのキックオフで試合再開。Bluethundersは#7柳田の好リターンでちょうどハーフラインから攻撃開始。#19張本へのパス成功でシリーズ更新したところで1Q終了。

 

 

【2Q】

 

Bluethundersは敵陣36ydから。ディフェンスの反則もあり最後はゴール前9ydから#32渡辺にTDを決められる。PATは失敗。

 1209バックス

BA 7-6 BL

 

キックオフのリターンは#3箱﨑(また出てきた!)のリターンでハーフライン付近から。ランで攻めるも3&OUT。Bluethundersは自陣37ydから#11蜂谷のラン。でも痛恨のファンブル!リカバーは…Barbarianでした。ハーフラインからBarbarianの攻撃。3rdダウンロングになったところで、何とまたもや大島がパスを投げる。#17片岡がインターセプト

Bluethundersは自陣35ydから。#11蜂谷のパス・#32渡辺のランでゴール前1yd・1stダウン。ここでがんばるBarbarianのディフェンス。3回の攻撃を防ぎフィールドゴールに抑えきる。

BA 7-9 BL

Barbarianの攻撃は#3箱﨑のリターンで敵陣侵入。ここはRB陣のラン攻撃で時間消費。パントになるも次のBluethundersの攻撃中に前半終了。

 

 

【3Q】

 

Barbarianのキックオフで後半開始。Bluethundersは1回1stダウン更新するも、ハ

89-TD

ーフライン付近でパントになりタッチバック。

自陣20ydから攻撃開始したBarbarian。パントに追い込まれるがBluethundersがファンブル。リカバーはBarbarian。敵陣40ydから攻撃再開。このシリーズは#10河村のランが冴え、#34大島のロングゲインもあり、ゴール前11yd。ここでまたもや大島がパスを投げる。#89入江に逆転TDパス成功!PATは失敗。この攻撃も4分7秒の時間消費。

BA 13-9 BL

次のBluethundersは自陣37ydからの攻撃だったが3&OUT。Barbarianは自陣32ydから攻撃開始。ここは#10河村中心の攻撃で2回1stダウンを更新したところで3Q終了。

 

 

【4Q】

4Q開始はBarbarianの攻撃、敵陣36ydまで攻め込むもパント。Bluethundersは自陣11ydから攻撃開始。3回1stダウンを更新し敵1209-41-2陣27ydまで攻め込み、パスを投げるも#41森本がインターセプト!!41ydのリターンで敵陣39ydまで持っていく。

絶好の位置でBarbarianは攻撃開始。ここも大島・河村でゴール前1ydまで持っていき最後は#10河村のTDラン。PATも成功。ここでも5分5秒の時間消費。

BA 20-9 BL

Barbarianのキックオフで試合再開。リターナーがファンブルしBarbarianがリカバー。ランで時間消費を目指すも。3rdダウンで#34大島がファンブル。ハーフライン付近で攻守交代。BluethundersはTDを取りにパスを投げるが、1回ダウンを更新するにとどまる。その後2回のイートザボールで試合終了。

 

Barbarian    28分38秒       Bluethunders 19分22秒  時間消費の戦術で勝利しました。

この試合報告が今シーズンの最後です。

全選手スタッフ・関係者の皆様に 感謝します。

皆様楽しんでいただけましたか?

今シーズンこの試合報告をUPさせて頂いたことに感謝します。

 

オフェンス #34大島の談話

大変寒い中、我々の最終戦へのご声援ありがとうございました。34_OOSHIMA

今回の試合は、Xへの昇格が途絶えた後の試合のため、選手のモチベーションや観客の方が来られるのかといった心配もありましたが、 結果的に、観客の方たちの応援ならびにスタッフ、チアのサポートのおかげで勝つことができました。

本当にありがとうございました。

今回の試合はQBが2枚とも不在という状況でしたが、ディフェンスの踏ん張り、オフェンスラインのしつこいブロック、ランニングバックのタフな走りとレシーバーのパスが来ないことに対する我慢で、ゲームプラン通り勝利できたことは来年へも繋がるものであったと思います。

今年得たもの、特に各人のフィジカルの強化と戦術の理解について、来年への糧としてX昇格へ向けて強化していきます。

来年はもっと勝って、もっと愛されるチームになりたいと思います。

 

 

ディフェンス#41森本談話

先日はご声援誠にありがとうございました。41_MORIMOTO

今季ディフェンスリーダーを務めました#41森本です。

まず今季最終戦を勝利できた事を嬉しく思っております。

今回の試合、ディフェンスには特別な思いがありました。

それはシーズンを通してオフェンスに助けられてしまったという思いと、今回そのオフェンスがメンツ等により非常に苦しい状況であった事です。

そんなオフェンスを今度は何とかディフェンスで助けたいと思い臨んだ最終戦。…助けられたかはわかりませんが。

一つ一つへのプレーに気持ちが入ったシーズンで一番良いディフェンスだった様に思われます。

今季は4位という残念な結果に終わりましたが来季この思いを忘れずに優勝目指して頑張って参ります。

ご声援本当にありがとうございました

 

 

 

Copyright(c) 2017 BARBARIAN OFFICIAL WEBSITE All Rights Reserved.