vs ラングラーズ 試合結果

2012年11月25日(日)X2 CENTRAL リーグ戦第4節

バーバリアン VS ラングラーズ

会場:アミノバイタルフィールド 試合開始時刻:11:00 試合終了時刻:13:35 天候:晴れ

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
バーバリアン 14 17 6 14 51
ラングラーズ 7 7 3 0 17

 得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
バーバリアン 1 5:10 RUSH #34大島 21 KICK #14齋藤 G
ラングラーズ 1 5:50 RUSH #26藤田 54 KICK #21海老沢 G
バーバリアン 1 7:35 PASS #14齋藤→#3箱﨑 65 KICK #14齋藤 G
バーバリアン 2 0:22 PASS #14齋藤→#22中村  10 KICK #14齋藤 G
バーバリアン 2 3:39 PASS #14齋藤→#3箱﨑 17 KICK #14齋藤 G
バーバリアン 2 9:12 FG #14齋藤 25
ラングラーズ 2 11:39 RUSH #49赤井 1 KICK #21海老沢 G
バーバリアン 3 4:48 PASS #3箱﨑 70 KICK #14齋藤 NG
ラングラーズ 3 8:05 FG #21海老沢 25
バーバリアン 4 3:32 PASS #14齋藤→#22中村 8 KICK #14齋藤 G
バーバリアン 4 10:15 RUSH #34大島 6 KICK #14齋藤 G
内   容 バーバリアン ラングラーズ
1.ファーストダウン(回数) 19 12
2.(パス) 試投-成功-インターセプト-獲得ヤード 34-16-4-313yd 23-7-5-120yd
3.(ラン) 回数-獲得ヤード 39-208yd 16-75yd
4.(攻撃) 回数-獲得ヤード 63-521yd 39-195yd
5.(反則) 回数-獲得ヤード 11-71yd 3-30yd
6.(ファンブル) 回数-喪失 0-0 0-0
7.(フィールドゴール) 回数-成功 1-1 1-1

 

ゲームレポート

 

遠方からの応援の人も多数お見えになって、期待にこたえることが出来るか。

前日の雨も上がり好天に恵まれたアミノバイタルフィールドで行われた、『負ければX3との入れ替え戦』正念場のリーグ最終戦を迎えました。

 

 

 

 

 

【1Q】

ラングラーズのキックオフで試合開始。

両チームとも1シリーズずつはパントで攻撃終了。

敵陣44ydからのバーバリアン2回目の攻撃は、#14齋藤の攻撃選択が冴え2回のダウン更新で敵陣21yd。ここで#34大島が敵ディフェンスを切り裂く先制TD

PATも決まり B7-0W

ところが次のキックオフでラングラーズは#11田口が30ydリターン。#49赤井の13ydランでハーフライン付近まで攻め込むと、#26藤田に54ydの独走TD。

PATも決まり B7-7W

次のキックオフはお返しとばかりに#22中村が17ydリターン。ここで出ました#3箱﨑への65ydTDパス!!!

PATも決めて B14-7W

次のシリーズのラングラーズは#11田口のリターン、#26藤田のランで攻め込むも#56林がQBサック!!!!パントに追い込まれる。更にパントのスナップがパンターの頭を越えてしまう

次のバーバリアンの攻撃は敵陣25ydからと好ポジション。#34大島のランを中心に攻めてゴール前10ydまで来たところで1Q終了

 

 

【2Q】

2Qのファーストプレーは#34大島のランが止められる。次のプレーは#22中村へのTDパス成功!

PATも決めて B21-7W

次のラングラーズの攻撃を3rdダウンロングに追い込む。#56林がロスタックル!!

次のバーバリアンの攻撃は敵陣内45ydから始まる。ファーストダウンで#22中村へのバックワードパス(それも1回バウンドさせて)を#3箱﨑へフォワードパスするというトリックプレー。綺麗に決まり20yd以上も進む。そこから#14齋藤・#34大島のランでゴール前に詰め、最後は#3箱﨑へTDパス。

PATも決めて B28-7W

次のラングラーズの攻撃はまたも、#56林がロスタックル!!パントに追い込む。

自陣30ydからのバーバリアンの攻撃は#10河村への29ydパスを皮切りに、#34大島・#37小嶋のランでゴール前8ydまで攻め込むもフィールドゴールに終わる。

B31-7W

前半も後2分のラングラーズの攻撃。#11田口へ35yd・21ydのパスを決められ、ゴール前1yd。最後は#49赤井が真ん中を押し込みTD。

PATも決めて B31-14W

キックオフのあといきなり#54窪地にインターセプトを食らうが、次のプレーで#6瀧川がインターセプトのお返し!ちょうどタイムアップ。

 

 

【3Q】

後半はバーバリアンのキックオフで試合再開。3rdダウン8ydのパッシングシチュエーションでまたも#56林がQBサック!

後半はQBを#5草場にスイッチ。#89入江へのパスを決めて敵陣まで攻め込むも、痛恨のインターセプト。ところが次のプレーで#28丸小がインターセプトのお返し! 更に最初のプレーで#14齋藤から#3箱﨑への70ydTDパス!

PATは決まらず B37-14W

前半の終わりからこの時間までは行ったり来たりで大忙し。

次のラングラーズの攻撃はショートパスを中心に細かく攻め続け、ゴール前8ydまで攻め込むが4thダウン。ここでFGを選択し成功。

B37-17W

次のバーバリアンの攻撃がインターセプトで終わると、ラングラーズの攻撃も#28丸小がまたもインターセプト。

バーバリアンの攻撃中に3Q終了。

 

 

【4Q】

 

バーバリアンは#34大島のラン・#10河村のパスでゴール前8ydまで攻め込み、最後は#22中村へTDパス。

PATも決めて B44-17W

点差はついたものの、まだ8分以上の時間がある。

ラングラーズの攻撃は自陣40ydから。1stプレーでまたも#56林がロスタックル。そのままパントに追い込む。

次のバーバリアンの攻撃はまたもインターセプト。次のラングラーズの攻撃も#41森本がインターセプト。またも行ったり来たりでバタバタした試合に。

自陣20ydからの攻撃は、#34大島・#4草場のランだけで攻め切り、最後は大島がTD。

PATも決めて B51-17W

残り1分18秒でラングラーズの攻撃は自陣37ydから。1stプレーで#6瀧川がまたもインターセプト。

その後は#37小嶋でゆっくり攻め切り、タイムアップ。

 

インターセプトと反則が多くて点差ほど余裕のない試合でした。

#14齋藤が5TDパス。

#56林が2サック3ロスタックル。

#28丸小・#6瀧川がそれぞれ2インターセプト。

行ったり来たりが多い試合でしたorz。

 

 

監督談話

負ければX3との入替戦が決まる正に後のない状況で、独特の緊張感とともにゲームを迎えましたが、選手達は気負うことなく落ち着いて相手チームを分析し、終始危な気ない試合運びができたことは評価に値すると思います。

しかしながら、所々でインターセプトを浴びたりタックルミスから得点を許したりと、強豪チームと戦い抜くには課題も多く、次の順位決定戦ならびに来季に向けて引き続き強化を図らなければなりません。

そんな中、ビッグプレーを連発したオフェンスのタレント陣もさることながら、要所でのQBサックをはじめゲームを通して相手スクリメージを支配してディフェンスを牽引した林選手にMVPを贈りたいと思います。

自身の結婚式の翌日にも関わらずチームのために参加してくれて、本人は勿論のこと快く送り出してくれたご家族の皆様にもこの場をお借りして深く御礼申し上げます。

このように、いつもバーバリアンを支えてくれている全ての方々に感謝して、真に愛されるチームとなるべく一歩一歩成長して参ります。

今後ともバーバリアンをよろしくお願い申し上げます。

 

 

GAMEMVP(#56林)談話

勝つには勝ちましたが、またもやオフェンスのお陰で勝てた試合でした。個人的にもディフェンスチームとしてもとても満足出来る状態ではない為、次の順位決定戦は再度気持ちを入れ直して戦いたいと思います。

今シーズンラストの順位決定戦、是非とも応援宜しくお願いします!

(編集者追記 監督のコメントにもありますが、前日自分の結婚式&自分の誕生日でした。最高の週末を送った男に拍手!)

 

 

 

 

Copyright(c) 2017 BARBARIAN OFFICIAL WEBSITE All Rights Reserved.