【2017 X2秋季リーグ戦 第四節】

【2017 X2秋季リーグ戦 第四節】

日時:2017/11/25 Sat 13:00 K.O.

会場:富士通スタジアム川崎

天候:晴れ

チーム

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

Barbarian

14

7

7

7

35

AFCクレーンズ

0

7

14

14

28

試合の詳細はこちら (協会ホームページへ移動します。)

 

【1Q】

クレーンズのキックオフで試合開始。

Barbarian最初のオフェンスは自陣25ydから。

1回攻撃権を更新するも自陣30yd・4thDown・17yd。

パント体型でスナップミス。

敵陣18ydで攻撃交代。

#18のランで先制点を奪われる

C 0-7 B

Barbarianの反撃は自陣31ydから。

QBは#11佐々木。

パスが決まらず、攻撃権更新ならず。

ハーフライン付近で攻撃権を渡す。

ディフェンスのサインが逆張りでタックルが決まらず。

再度得点を奪われる。

C 14-0 B

キックオフで試合再開。

Barbarianの攻撃が自陣42ydから。

3&OUTで終了。

クレーンズの攻撃は自陣22ydから

2回攻撃権を更新したが、自陣を脱出できず。

ここで1Q終了。

【2Q】

Barbarianの攻撃は自陣26ydから。

QBは#14斎藤。

#41鈴木(智)のランで進めるも、

残りを更新できずに3&OUTで終了。

クレーンズの攻撃は自陣35ydから。

ラン・パスを織り交ぜて自陣40ydまで攻めるも、

ここで攻撃権更新ならず。

Barbarianの攻撃は自陣34ydから。

QBは#14斎藤

3rdDownの攻撃はなんとインターセプト!

敵チームに敵陣27yd攻撃権を渡す。

クレーンズの攻撃を防ぎ切り、

最後は#8安江のロスタックルで終わる。

Barbarianの攻撃は自陣35ydから。

#9永田へのパスで攻撃権更新。

そのあとは攻撃権更新ならず。

残り時間4分弱。

クレーンズの攻撃は自陣20ydから。

#7松永・#8安江・#27今村のディフェンスで抑え込む。

しかし最後は#8に68ydのTDパスを決められる。

C 21-0 B

前半残り時間1分少々。

この後は両チームとも時間をつぶして前半終了。

ハーフタイムに。

 

【3Q】

クレーンズのキックオフで後半開始。

Barbarianの攻撃は敵陣22ydから。

QBは#11佐々木。

パスのみで攻め、最後は#9永田へのTDパス成功!!

再再起の良い後半スタートです。

C 21-7 B

次のクレーンズの攻撃は一回攻撃権を更新されるも、

#3梅田のFumbleフォース、#29小林のリカバーで攻撃権を奪う。

敵陣42ydからBarbarianの反撃。

#4高田への23ydパス等で敵陣ゴール前まで攻め込み、

最後は#14斎藤から#22中村(幸)へのTDパスが決まりました。

C 21-14 B

次のクレーンズの攻撃は自陣40ydから

ラン2回と最後は40ydのロングパスでTDを決められる。

C 28-14 B

次のBarbarianの攻撃は自陣33ydから。

QBは#14斎藤。

#41鈴木(智)のランと各種パスで

敵陣ゴール前4ydまで攻めるもの

痛恨のFumble!!

攻撃権を奪われます。

クレーンズも自陣10ydから攻撃。

パスインターフェアで一回攻撃権を更新されるも、

#28丸小が抑えたところで、3Q終了。

【4Q】

クレーンズの攻撃が続く。

#3梅田のロスタックルで抑え、

最後は#95岩見(別名恐怖の漬物石)のQBサック!!

ファンブルを誘い、攻撃権を奪取!!

Barbarianの攻撃は敵陣27ydから。

QBは#11佐々木。

自身のキープランで攻撃権を更新しゴール前まで攻め込む。

最後もQbのキープランでTD!!!

C 28-21 B

1TD差まで詰め寄る。

クレーンズは自陣29ydから攻撃再開。

ディフェンスが踏ん張り、

1回攻撃権を更新されるも、パントに追い込む。

Barbarianの攻撃は自陣9ydから。

ここは反則もあり3&OUTで終了。

次のクレーンズの攻撃はハーフラインから。

2本のロングパスを決められ、得点を返される。

C 35-21 B

キックオフで試合再開。

このシリーズは#14斎藤がQB。

#22中村へのホットライン中心に攻める。

最後おいしいところを持って行ったのは、#9永田。

ゴール前1ydからTDパスキャッチ!

C 35-28 B

ここでのキックオフはもちろん狙います。

#14斎藤のスクイーズキック。

(短い転がしたキックでボールを奪うプレーです)

ところがクレーンズのフロントラインがリカバー。

1回攻撃権を更新され、

最後はイートザボール。

(チームでボールを守って時間をつぶすプレイです。)

 

最初のシリーズに焦りが見られ、

自分たちのリズムで試合をできませんでした。

後半はかなり巻き返しましたが、

エンジンの掛り方が遅かったです。

今シーズンはこれで終了。また、翌年に期待していきましょう!!

Copyright(c) 2017 BARBARIAN OFFICIAL WEBSITE All Rights Reserved.