注目選手【第7弾】

#34  RB  大島 倫明(おおしま みちあき)(32)8年目    山形大学

3cd69616e24eb0687578ef66710a52561162669d

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは。

#34 RB 大島です。

 

 

今シーズンは応援頂き、ありがとうございました。

今回は、シーズンを締めくくるコメントを書くことを許されたので、

過去から現在思うことについて書きたいと思います。

 

 

 

私はバーバリアンに入ってから

8シーズン目を終えました。IMG_2994_R

 

大学院を卒業し、HPを見てバーバリアンに入部し、

アメフトに飢えていたため、入社式よりも前に練習に参加していました

 

当時は20代のメンバーは数人しかおらず、

おっさんばかりのチームでした。

 

その頃といえば、マネージャーさんもあまり見ることも無く、

コーチも居たかな?という状況で、

選手が水汲み、グラウンド作り(下手したらグラウンド探し)

当然のようにする状況でした。

 

それから8シーズン目を終えた現在は、IMG_8534_R

グラウンドも当然あり、

マネージャーも毎週練習に参加し、

コーチは選手よりも参加率が高く、

トレーナーもおり、

おまけに綺麗なチアまでできてしまいました。

 

 

これだけ恵まれた環境になったことを、

選手が当たり前のように感じることは別に悪いとは思いません。

 

 

 

ただ、

これだけ選手自身がアメフトに集中できる環境になってきたにも関わらず、

アメフトに集中していないことが不満です。

 

 

単純に自己満足でやっているスタッフなんて一人も居ません。

選手が

努力して、

勝って、

上に昇格することを

応援するために、

観客の方を含めた周りの人が居ることを、

もっと選手が理解しないといけないと思います。

 

仕事が忙しいからとか、

学校が忙しいから、

家族の都合が

とかは単なる言い訳で、

 

いかに自分がその状況からアメフトに費やす時間を作れるかが、

その人のアメフトに対する思いだと考えます。

 

それが、今の選手にはまだまだ感じられない。

 

本気で上を目指す選手だけが

バーバリアンでアメフトをやり、

単なる遊びでやりたい人間は、

他でアメフトをやるようなチームへと

変革が求められている、

求めなければいけないと

いち中堅選手として思います。

 

私は若い頃のX1へ上がりたいという感情から、

若いやつらをX1に連れていってやりたいという生意気な思いでIMG_7917_R

ここ数年続けています。

 

 

これを見て、ひとりでも多くの選手が意識が変わり、

さらには一人でも応援してくださる方が増えればいいなと思います

 

来シーズンもバーバリアンを応援してください。

宜しくお願いいたします。

 

#34  大島

 

Copyright(c) 2016 BARBARIAN OFFICIAL WEBSITE All Rights Reserved.